膝の問題(痛み、曲がらない、変形、、)に対する理解③ ~膝の回転~

7月 29, 2016 6:23 pm

膝の問題に対する理解③ です。

 

今回は、「膝の回転」

について、お話しさせていただきます。

 

 

前回は、膝の動きは、

正面に向かって、「曲がる」「伸ばす」以外にも、

内側、外側に向かって、「曲がる」運動や、

足を輪切りにする方向(水平方向)に「回る」運動も

可能だという話をしました。

 

そして、そのすべての動きをなめらかに組み合わせると、

子供の頃によくやった、膝をぐるぐるまわす

「膝の回転」の運動も可能だというお話をしました。

 

では、この「膝の回転」はどういったときに使うのか?

 

しかも、意識的には使いにくいとも言っていたし、、

 

 

それは、

体が「ふりむく」時の動きで、よく使われます。

実際には、「ふりむく‟ような”」動きと言った方が、正しいかもしれません。

 

例えば、

「顔がうしろを向く」

時もそうですし、

「片方の肩がうしろに下がる」

でも起こりますし、

「片方の腰が引ける」

場合でもそうです。

 

そう考えると、

いま例に挙げた反対の方向、

 

「前をむく」、

肩や腰の「片側が前にでる」、

といった状況でも、反対方向の「膝の回転」が起こるのです。

 

そして、この「膝の回転」は、

体の回転に合わせて、

両膝で内回転、外回転を別方向でおこなっています。

 

例えば、「右をふりむけ」ば、

右膝は外回転、左膝は内回転、

といったように、です。

 

他には、

両方の膝を内側にしぼり込むときには、

両膝とも内回転。

 

「ガニ股」のような状態では、

両膝とも「外回転」になります。

 

 

ただ、この両膝とも同じ方向に、というのは、

実際には、同じくらい均等にという、使い方は純粋にはおこなっていません。

 

 

また、このあたりの話は、もう少し先でさせていただこうと思います。

 

とりあえず、今回は、

 

体のどこかの部分を「回した」「回転させた」ときには、

もれなく、この「膝の回転」が連動してついてくるということを覚えておいてもらえればと思います。

 

体の動きに合わせて、なめらかに動くための、

この便利な「膝の回転」の運動ですが、

 

 

実は、この動きが問題となりやすいのです。

 

 

次回は、この「膝の回転」の動きが、

どうして「問題」となりやすいかのお話ができればと思います。

 

 

 

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ