膝の問題(痛み、曲がらない、変形、、)に対する理解⑦ ~休めの姿勢を選ぶワケ(2)~

7月 29, 2016 6:28 pm

「膝の問題に対する理解⑦」 です。

 

今回は、「膝のねじれ」を引きおこす、

「休めの姿勢」をとってしまう、

もう一つの理由について、

お話しします。

 

 

前回は、人間の身体は誰でも、

スポーツ選手のように「ダイナミック」に動ける構造になっているため、

「まとまっている」方が都合がいい時に、

「よりかかり」「休めの姿勢」で、

「固定」して、動きを制限していると、

お話ししました。

 

また、この「固定」は、

「デスクワーク」や「寝ている」時にも、

動きを制限するために使われているので、

ほとんど「すべての時間」で使われている、

体の使い方だということも、お話ししました。

 

 

今回は、

動きを制限して、

「目的」や「作業効率を上げる」、「休む」以外で、

この「休めの姿勢」で「固定」しなければいけない、

もう一つの理由について、お話ししたいと思います。

 

 

「休めの姿勢」で「固定」しなければいけない、

もう一つの理由、、

 

 

それは、

「守る」こと、「支え」にすること、

です。

 

 

どういった状況で起こるかと言うと、

例えば、「ケガ」をした時、「病気」をした時、

などです。

 

 

「ケガ」(ぶつけた、骨折した、、など)は、

直接「膝」をケガした場合、に限らず、

 

例えば、「足首」のケガ、「肩」のケガなどでも、起こります。

 

 

「ケガ」をして、

「痛み」があったり、「炎症」があったりする部分は、

「脳」は、なるだけ動かさないように、

「固定」をするのです。

 

この「固定」のために、使われるのも、

「よりかかり」「休めの姿勢」での、

「ロック」です。

 

身体のどこかで、「固定」が生じると、

そちら側への「よりかかり」から、

「膝」には「ねじれ」が生じます。

 

「足首のねんざ」をしたら、

「足首」は治ったんだけど、同じ足の「膝が痛くなった」

という経験がある方はいると思います。

 

なかには、「反対側の膝が痛くなった。」

という方も、いるかもしれません。

 

 

これは、どこかを「ケガ」をして、

「固定」して「守りたい」場所の負担を、

「膝」が引き受けて「ねじれ」、

なおかつ、その「守りたい」部分の動きも、

助けてあげようとすることで、起こりやすいのです。

 

こういったことは、「膝」以外でも、

「腰」や「背中」「首」「肩」などでも、よく起こります。

 

 

「病気」の場合は、どうでしょうか?

 

「カゼ」や「腹痛」などの時には、

どうしても体は、調子の悪いストレスと、

なんとなく体を休ませたいため、背中を丸めます。

(仕事で疲れすぎても、、)

 

 

この背中を丸めた状態でも、

「よりかかり」は、普段使っている「左右」のどちらかに出ます。

 

ですので、すぐに回復するものでは、

そこまで影響は強くありませんが、

 

「長い期間」病気になっていたとか、

「手術」して「おなかを開いた」などの経験があると、

 

この「丸まる姿勢」が定着して、

左右への「よりかかり」は強まり、

「膝」の「うしろ」側への「押しこみ」も強くなることがあります。

 

 

「病気」や「手術」をしたら、

「膝が痛くなった」「もともとあった膝痛が悪化した」

と言った経験のある方もいると思います。

 

こういった、「ケガ」「病気」も

「膝のねじれ」

「膝の問題を引き起こす」原因となる、

きっかけとなりやすいのです。

 

 

では、この「膝のねじれ」が、

どうして「膝の問題」を引きおこすのでしょうか?

 

次回は、「膝のねじれ」が、

「膝の問題(症状)」を引きおこす理由について、

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

よりかかり」「休めの姿勢」から、

「抜け出す」には、どうしたらよいのでしょうか?

 

 

ですので、この「休めの姿勢」から「抜け出す」機会を、

生活の中につくってあげないと、

常に「休めの姿勢」で使われている「筋肉」は、

「疲労」して、「痛み」などを引きおこすことがあります。

また、「膝のねじれ」から、膝関節の「ゆがみ」まで生じてしまうと、

「関節」の「痛み」だけでなく、「変形」(変形性膝関節症など)を、

引きおこす原因となりやすいのです。

これは、あなただけでなく、すべての人がそうなのです。

痛みなどの症状が出るかどうかは、その程度が強いかどうかによるだけです。

では、この「休めの姿勢」から、「抜け出す」には、

どうすればよいのでしょうか?

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30(電話受付)      10:00~18:00(施術)
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ