膝の問題(痛み、曲がらない、変形、、)に対する理解(番外編) ~休めの姿勢を選ぶワケ(3)~

7月 29, 2016 6:30 pm

今回は、

「膝の問題に対する理解」の「番外編」として、

「休めの姿勢」を取らなければいけない理由のなかには、

 

「脳卒中(脳梗塞、脳出血、、など)後遺症」の方の、

片半身マヒも、その1つであるという、

お話しをしたいと思います。

 

 

脳卒中にあると、その主な症状として、

片半身の手足(胴体もふくむ)のマヒが出ることが特徴的です。

 

 

この半身マヒは、極軽度の症状から、重症の方まで、

マヒの程度や、症状が強く出るところの違いなど、さまざまですが、

少なからず、そのマヒのある半身は、

症状が出る前よりも、体の「支え」が弱くなります。

 

 

これは、自分でも「意識的」には気づかない程度のマヒがある方でも、

「脳」は、しっかり情報として受け取っています。

 

 

この片半身マヒが起こった、マヒ側にも、

「無意識的」に、

「よりかかり」「押しこむ」、

「休めの姿勢」をとることで、

体の「支え」を補強する、「固定」を、

使うのです。

 

 

しかも、この「固定」は、

マヒのある片半身のほぼ全てで使っていて、

体(特にマヒ側の)の「不安定」な状態を、

「補強」します。

 

発症初期は、

マヒが起こった体の「異変」に対する、

「脳」の即効性のある対応なのですが、

 

少しずつ、マヒが回復してきた段階でも、

この「支え」の「固定」「補強」を外していくということが、

とてもむずかしいのです。

 

 

それは、

発症初期に、「脳」が選んだ、

「倒れない」ということを最優先した選択なので、

それ以上、悪い状況にならないのであれば、

その「固定」を外す理由が特にないのです。

 

 

しかも、「無意識」に行われた、

「脳」「身体」の戦略なので、

本人には、理解しにくい(感じにくい)ことですし、

わかったとしても「意識的」には、変えにくいのです。

 

 

この「よりかかり」「休めの姿勢」で、

「支え」を「補強」された、体の使い方になると、

 

どうしても、「膝のねじれ」は強く出ます。

(特にマヒ側)

 

 

そして、「腰」から「背中(胴体)」にかけても、

「ななめうしろ」に、「押しこまれ」て、

「うしろ側」いることになるので、

 

歩く時には、前に進むために、

体の「ひねり」を使って、

そのマヒ側を「前」にもってくる必要があるのです。

 

 

この時に生じる、「ひねり」の動きや、

「うしろ側」への「ロック」が、

膝関節に強く負担をかけた場合、

「膝の痛み」として出てしまうことが、よくあります。

 

この「押しこみ」「よりかかり」による、

同じ理由で、「腰痛」「肩痛」「首痛」「足首痛」

も、起こりやすいのです。

 

 

ですので、

「脳卒中 後遺症」の方にも、

この「よりかかり」「休めの姿勢」から、

「抜け出す」必要があるのです。

 

 

「脳卒中 後遺症」方の、

「よりかかり」「休めの姿勢」から、

「抜け出す」方法については、またの機会にしたいと思います。

 

カテゴリー: , , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ