「目」と「頭の筋肉」の関係!

7月 30, 2016 9:41 am

今回は、

「目」と「頭の筋肉」の関係、

について、お話しさせていただきます。

 

 

「目」と「頭の筋肉」というと、

あまり関係なさそうに感じますよね?

 

 

せめて、「顔の筋肉」なら、

イメージがつくんだけど、、

 

と、思う方も多いかもしれません

 

 

「頭の筋肉」と言いましたが、

正確には、「頭」と「首」のつながる部分の「筋肉」、

「後頭部」の「底」の筋肉です。

 

この「頭の底」の「筋肉」は、

「目」の動きに連動して、「筋肉」も動きます。

 

 

直接、「眼球(目)」とはくっついていないため、

詳しいことは、はっきりしていないようですが、

 

「目」が動く際には、「目」から離れた、

「頭」の「筋肉」もはたらいています。

 

 

これは、「目」が動く際には、

実際には、「頭」も「目」が向いた方に、

少なからず、動いていることが関係していると思います。

 

 

ですので、パソコンなどの「デスクワーク」で、

「頭」は動かしていないと思っていても、

 

「目」は絶えず動き続けているので、

この「頭の底」の筋肉もはたらき続けていることになります。

 

しかも、「頭」自体は、

あまりフラフラしないように、

「固定」して「支える」必要もあるため、

 

この「頭の底」の「筋肉」は、

外からの見た目よりも、

フル活動で、はたらいていることになります。

 

 

しかも、この「頭の底」

「頭」と「首」のつなぎ目は、

自分の意思では、

「意識的」に動かすことがむずかしい部分です。

 

 

なので、使いすぎになると、

この部分の「筋肉」が痛くなりそうですが、

 

その部分に「痛み」や「不快感」

を訴える方はほとんどいません。

(直接その部分を触らなければ)

 

 

実際には、「頭痛」や「頭の重さ」、

人によっては「目の疲れ」などの症状となって、

現れることが多いです。

 

 

実際、この「頭の底」の「筋肉」をゆるめてあげると、

(ほとんどの人はガチガチです。)

 

「頭痛」「頭の重さ」は軽くなる方がほとんとです。

 

 

なかには、「目の重さ」が軽くなったり、

「目がスッキリ」「目がぱっちり」

したように感じる方もいらっしゃいます。

 

逆に、「目」を大きく、ぐるぐると回すように、

右・左にくり返してまわしてあげて、

「目の運動」「目の筋肉」の柔軟性を引き出してあげることでも、

「頭がすっきり」する方もいらっしゃると思います。

 

 

しかも、この「頭の底」の筋肉は、

そこから「背中」につながっていく「筋肉」の一つでもあるため、

「全身の重さ」が軽くなる方もいらっしゃいます。

 

 

「頭の底」の部分を、

少し指で探ってあげると、奥に「芯(しん)」のような硬さのある、

「筋肉」があるので、

そこを少しずつゆるめてあげるようにしてみて下さい。

 

あまりにも硬い方は、

その辺りの「ヒフ」も硬くなっていると思うので、

 

「ヒフ」がやわらかく動けるように、

さするように動かしてあげて下さい。

 

 

「疲れ」がたまっている方は、

思ったよりもその「効果」を実感できると思いますので、

 

ぜひ試してみてください!

 

 

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ