「顎関節症」は、なぜ起こるのか!?

7月 30, 2016 3:25 pm

 

今回は、「顎(がく)関節症」は、なぜ起こるのか?

について、お話ししたいと思います。

 

 

「顎関節症」は、

「アゴ」の位置関係が、

「ズレたり」「ゆがんだり」することで、起こる、

ということは、なんとなくわかると思います。

 

 

では、

なぜ、「アゴ」の位置関係がズレるのでしょうか?

 

 

右、左の片側だけで噛む、「噛みグセ」、

があるから?

 

「アゴ」の発達の段階で問題があった?

 

、、など、いろいろな原因が考えられますが、、

 

 

1番多い原因として考えられるのが、

「姿勢」の「かたより」が関係していることが多いのです。

 

 

「姿勢」の「かたより」というと、

イメージがわきにくいと思いますが、

 

「アゴ」の症状が、強く出ている方に、

「よりかかった」姿勢であることが、

原因として多いということです。

 

 

以前から話しているように、

体の「よりかかり」は、

体の「丸いところ」で起こりやすく、

 

「頭」もその1つです。

 

 

「頭」への「よりかかり」は、

「頭の底」、「頭と首のつなぎ目」の部分で強く出ます。

 

 

体は、左右どちらかに「よりかかる」習性があるため、

その「よりかかり」の「固定」のある方に、

「顎関節症」の症状は出やすいのです。

 

 

しかも、左右どちらかの「よりかかり」により、

「首まわり」には、「ねじれ」も起こっているので、

「アゴ」には、「ゆがみ」が生じやすいのです。

 

 

ですので、

「アゴ」の位置関係を直そうと、

「顎関節」だけの「矯正」しようとしても、

うまくいかないことが多いのです。

 

 

実際、

当院での治療でも、

「姿勢」の改善により、

 

「首まわり」「アゴまわり」の「ねじれ」の軽減から、

「顎関節症」の症状が改善されることが、よくあります。

(「顎関節症」の改善を目的とした施術ではないにも関わらず)

 

 

「顎関節」の位置関係を直そうと、

「顎関節」に直接、無理なストレスを加えるよりも、

 

体の「よりかかり」の「固定」をゆるめてあげて、

「首」「アゴ」まわりの、「ねじれ」を軽くすることで、

 

「顎関節まわり」の動ける余裕を、広げてあげるほうが、

症状の改善は得られやすいのです。

 

 

「顎関節症」のある方は、

「顎関節症」の症状が強い方と、

反対方向に、体重を移動した状態で、

「アゴ」動き方や、痛みなどを比べてみると、

違いが感じられるかもしれませんよ!

 

 

カテゴリー: , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ