「首の筋肉」のはたらき!

7月 30, 2016 11:25 pm

 

今回は、「首の筋肉」のはたらき、

について、お話ししたいと思います。

 

 

「首の筋肉」の「役割」は、

単純に、「首を動かす」ためのはたらきは、

考えやすいと思います。

 

 

ですが、この「首」は、

いろいろなところからの、

「中継地点」になっている部分でもあるため、

たくさんの部分との関わりがあります。

 

 

例えば、

「首」と、その延長である「背骨」

とのつながり。

 

他には、

「首」と「肩甲骨」

とのつながり。

 

「首」と「アゴ」とのつながり。

 

「首」と「鎖骨」とのつながり。

 

「首」と「胸」とのつながり。

 

「首」と「背中」とのつながり。

 

 

「首」とのつながりだけでなく、

「首」をまたぐようについている「筋肉」もあります。

 

 

「頭」と「肩甲骨」とのつながり。

 

「頭」と「背中」とのつながり。

 

「頭」と「胸」とのつながり。

 

「アゴ」と「胸」とのつながり。

 

「アゴ」と「鎖骨」とのつながり、、

 

などなど、もっと細かく言えば、

 

「アゴ」の奥の「舌の骨」を、

「中継地点」にしている筋肉や、

 

さきほど挙げた「筋肉」から、

 

「胸」や「腕」や「背中」「腰」に、

つながりを続けていく「筋肉」もあり、

 

「全身」の「筋肉」のはたらきの、

「はじまり」であったり、

「おわり」であったり、

「中継」する「橋」になったりと、

 

「首」のもつ「役割」はその見方によって、

さまざまです。

 

 

いろいろな「役割」や、

「全身」の力を「複雑」に受ける場所なので、

 

この部分を、「調整」してあげることは、

「全身的」に効果が得られやすいことも、

予想がつきます。

 

 

しかも、

「首」には、

「自律神経」を「調節」している機能や、

「循環(血の巡り)」を感知している「センサー」や、

たくさんの「神経」、

太い「血管」なども通っているため、

 

この「首」が、

ゆったり「余裕」を持てることには、

「筋肉」のはたらきだけでない、

「調節機能」の改善も期待できます。

 

 

 

その分、

この「首」の操作には、

ある程度の慎重な配慮が必要ですが、

 

ここを「調整」できれば、

全身的な活動の広がり、

血の巡り、自律機能などのはたらきを、

得られやすくなります。

 

 

そのため、

首の治療には、

「首」の位置関係を直す、

という「無理」な操作よりも、

 

「首」の「余裕」をつくってあげる、

というくらいの「操作」で十分なのです。

 

 

ただ、そのためには、

「首」が「全身的」に、

どういった影響(力)を受けているか、

ということを読み取れることが、

必要になります。

 

 

その他は、ほとんど「自動的」に、

活動を広げてくれることが多いので、

 

それ以上の「操作」で、

必要以上の「負担」をかける必要はないのです。

 

 

カテゴリー: , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ