「インナーマッスル」と「アウターマッスル」の‟役割”のちがい!

7月 31, 2016 7:30 am

 

今回は、

「インナーマッスル」と「アウターマッスル」の

‟役割”のちがい、

について、お話ししたいと思います。

 

 

「インナーマッスル」とは、

「筋肉」のなかでも、

体の「奥」の「深い」ところについている、

「深部筋」「深層筋」です。

 

 

 

この「筋肉」は、

よく知られているものでは、

 

「腹筋」の「奥」についている「筋肉」が、

よく話題に取り上げられているので、

「腹筋」だけが、

「インナーマッスル」を持っていると、

思っている方もいると思います。

 

 

ですが、この「インナーマッスル」は、

「腹筋」だけでなく、

 

「全身」にある「関節」の、

「表面」からみれば、「深層」の、

 

「関節」から見れば、

「骨」に近い「関節まわり」、

についています。

 

 

この「インナーマッスル」に対して、

「アウターマッスル」(表層の筋肉)は、

 

例えば、

「意識的」に腕を動かしたりする時の、

「関節」を動かしたり、「力を発揮」する時に、

使われることが多いです。

 

 

「アウターマッスル」は、特に、

「力(パワー)」の強い筋肉です。

 

 

これに比べて、

「インナーマッスル」は、

「体を支えたり」「姿勢をとったり」する時の、

「無意識」に「持続的」に使っている「筋肉」で、

 

「力」は「弱い」ですが、「持久力」のある筋肉です。

 

 

「マグロ」が寝ながら泳いでいる時に、

使っているような「筋肉」です。

 

 

「アウターマッスル」は、

「強い」筋肉なのですが、

「疲労」しやすく、その自分の「強い」力で、

「痛めやすい」筋肉です。

 

 

この「アウターマッスル」が、

「腰痛」や「肩こり」、

その他の「痛み」の原因になりやすいのです。

 

 

これに比べて、

「インナーマッスル」は、

どんなに使っても、

「疲れにくく」「痛めにくい」筋肉です。

 

 

この「インナーマッスル」は、

「姿勢」を整えるためには、

必須の「筋肉」なので、

 

誰でも、うまく使えるようになりたいと、

思うものです。

 

 

ですので、

この「インナーマッスル」を、

効率よく使うための「トレーニング」が、

いろいろと考案され、

いろいろと試されています。

 

 

ですが、

なかなかうまく使える人ばかりではないですし、

かなり繊細な「力加減」で、

おこなわなければいけないものが多いです。

 

 

この「インナーマッスル」を、

「意識」せずに、

手っとり早く、‟簡単に”

使う方法があります。

 

 

この、「インナーマッスル」を‟簡単に”はたらかせる方法、

については、

次回、お話ししたいと思います。

 

 

カテゴリー: , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ