「インナーマッスル」を‟簡単”に使う方法

7月 31, 2016 7:52 am

今回は、

「インナーマッスル」を‟簡単”に使う方法、

について、お話ししたいと思います。

 

 

前回、

「インナーマッスル」は、

「体を支える」「姿勢を整える」ためには、

必要な「筋肉」だという、お話をしました。

 

そして、

「インナーマッスル」は、

「無意識」に使うことが多いので、

 

「意識的」におこなうトレーニングでは、

うまく働かせるのが、むずかしい「筋肉」、

ということも、お話ししました。

 

 

ですが、

この「インナーマッスル」を、

手っとり早く、‟簡単”に、

はたらかせる方法があります。

 

 

それは、

その「インナーマッスル」がある部分の、

「ねじれ」を「ほどいて」あげることです。

 

 

わかりにくいと思いますが、

 

「腹部」などの、

「支える」ための「骨」が少ない場所や、

「全身」の「関節まわり」では、

 

「アウターマッスル」を、

「ねじって」「固定」し、

「支え」の「補強」に使っていることが多いです。

 

 

この「アウターマッスル」の、

「ねじれ」の「固定」を、

外してあげることで、

 

「インナーマッスル」は、

もともとの「位置関係」や「長さ」、

筋肉のはたらきやすい「方向」、

に戻ることができるので、

 

「意識」しなくても、

「勝手」に、「自動的」に、

はたらき出します。

 

 

それに、

「インナーマッスル」は、

「さぼりグセ」もあるので、

 

「アウターマッスル」の、

「ねじれ」の「固定」で、

体の「支え」を「補強」されていると、

 

「インナーマッスル」は、

自分より強い、

「アウターマッスル」の「支える力」に、

自分の役割をあずけてしまって、

あまり働こうとしなくなります。

 

 

また、

「インナーマッスル」は、

「不安定」な状況におかれると、

はたらきやすくなるため、

 

「アウターマッスル」の、

「ねじれ」の「固定」を外してあげることは、

 

「インナーマッスル」が、

はたらきやすい条件がそろいやすいのです。

 

 

この「アウターマッスル」の、

「ねじれ」の「固定」を外すことは、

はじめは、ご自分でおこなうことは、

むずかしいですが、

 

一度体験してみると、

その違いに、驚かれるはずです!

 

体を「支える」ことが、軽く感じられ、

なにも「意識」しなくても、

シャキッと「姿勢」が整う感覚を、

得られるはずです!

 

 

カテゴリー: , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30(電話受付)      10:00~18:00(施術)
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ