「肩こり」の ‟本質的”な原因とは!?⑦ ~からみつく「筋肉」~

7月 31, 2016 3:15 pm

「肩こりの ‟本質的”な原因⑦」 です。

 

今回は、「背中」からの「押しこみ」から、

「抜け出しにくい」、その他の理由について、

お話ししたいと思います。

 

 

前回は、

「背中」の「ななめ後ろ」に「押しこまれる」と、

「胸郭(肋骨)」「肩甲骨」「腕」のまわりには、

「ねじれ」が生じるからだ、という、

お話をしました。

 

 

さらに、

「胸郭(肋骨)」「肩甲骨」「腕」のまわりには、

ぐるっと太い「バンド(ベルト)」

「さらし」を巻くように、

「筋肉」「ヒフ」などが、

そのまわりを囲むようにつながっているので、

 

「ねじれ」が生じると、

その「バンド」「さらし」は、

「サランラップ」のように、

「きつく」「しめこむ」ようになることも、

お話ししました。

 

 

この他にも、

この「ねじれ」を「ほどきにくく」している、

原因があります。

 

 

それは、

「胸郭(肋骨)」「肩甲骨」「腕」

についている「筋肉」は、

 

そのまわりをぐるっと回るようについている、

「バンド」「さらし」だけでなく、

 

「胸郭(肋骨)」「肩甲骨」「腕」では、

となり合った「骨」同士に、

「前後」に「交差」するように、

ついている「筋肉」が、

沢山あるからです。

 

 

この「前後」に「交差」してついている「筋肉」のおかげで、

人の体は、特に「手」を使うときには、

「横」にも、

「大きく」「なめらか」に動けるのです。

 

 

ですが、

「ななめ後ろ」への「押しこみ」による

「固定」を利用する際には、

 

この「前後」に「交差」した「筋肉」は、

「結束バンド」のように「しめこまれ」、

さらに「固定」を「補強」するように、はたらくのです。

 

 

ここまで来ると、

この「押しこみ」の「固定」がどんなに強くて、

外すのが、かなり難しいことかが想像できると思います。

 

 

さらに、

この「ねじれ」を「ほどいた」としても、

「ななめ‟前”」に、戻る方向に移動するのも、

むずかしくなっている理由があります。

 

 

次回は、この

「元の方向にもどりにくい」理由について、

お話ししたいと思います。

 

 

 

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ