「ヒフ」がやわらかくなると「感覚」が「ひろがる」!

8月 1, 2016 3:03 pm

今回は、

「ヒフ」がやわらかくなると「感覚がひろがる」、

という、お話をしたいと思います。

 

 

それは、

「ヒフ」が「やわらかく」、

「広く」「動きやすく」なると、

いろいろな「感覚」がわかりやすくなる、

ということです。

 

 

「ヒフ」には、

「ヒフ」自体にも、

「触覚」や「痛覚」など、

たくさんの「感覚」を読み取る「センサー」がついています。

 

 

「ヒフ」に沢山ある「毛穴」もそうですし、

 

「ヒフ」よりもっと「奥(深部)」には、

「筋肉」や「骨」「関節」などがあり、

いろいろな情報を感じ取る「センサー」がついています。

 

 

 

「ヒフ」は、

人前で「緊張」したり、「不安」に思ったり、

することでも、

 

体を「使いすぎる」ことが続いたりしても、

「縮まって」、戻りにくくなります。

 

 

 

また、

体の、かたよった「姿勢」の影響を受けると、

「ぞうきん」のように「ねじれ」て、

「縮まった」り、「硬く」なったりします。

 

 

そうなると、

「ヒフ」自体が、

「縮まって」「表面の面積」がせまくなるため、

「感覚」の「センサー」が、

ギュっとしぼりこまれた(密集した)状態になります。

 

 

さらに、

「ヒフ」の中の、

「筋肉」や「関節」なども、

ギュっと、圧縮された状態になるので、

その中の「感覚のセンサー」も、

「感知しにくく」なります。

 

 

ですので、

この、ギュッと「しぼり込まれた」状態から、

「開放」してあげることにより、

 

「縮まって」しまった「ヒフ」は、

「ひろがりやすく」、

 

その中で圧縮された「筋肉」や「関節」なども、

「動きやすく」、「感じやすく」なるので、

体の「動き」がよくなったように、

感じられるようになります。

 

 

また、

「ヒフ」は、

しなやかに伸びれるようになることで、

「動きやすさ」と、

まわりの「環境とのかかわり(情報)」も感知されやすくなります。

 

 

神経の症状で、「感覚が鈍く」なってしまったり、

「シビレ」がある人でも、

 

普段よりも「感覚」が得られやすい状態になるので、

「神経症状」が「回復」したように感じる人もいます!

 

 

カテゴリー: , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ