「座り方」が変わると、「肩が上がる」ようになる!?

8月 1, 2016 4:02 pm

今回は、

「座り方」が変わると、「肩があがる」ようになる、

というお話をしたいと思います。

 

 

先日、

当院を利用された方で、

「肩(腕)を上げたときの、痛み」と「動きの制限」、

に悩まれて、来院された方がいらっしゃいました。

 

 

実際、この方への、

「肩」に対しての治療は、ほとんど行いませんでした。

 

それでも、

「肩は上がりやすく」

「痛みも軽くなり」

「動かしやすくなった」

のです。

 

 

何をやったのか?

 

 

それは、「座り方」を変えたのです。

 

 

実際には、

そこから、「立った」中での姿勢や、

動くときの微調整もおこないましたが、

「肩」自体に対しての治療は、極軽度なもので終了しました。

 

 

なぜ、「座り方」が変わると、

「肩の動き」「肩の痛み」が改善するのか?

 

 

それは、

それくらい、「肩(肩甲骨)」には、

いろいろな方向から「筋肉」がついており、

 

そのいろいろな「筋肉」自体も、

「姿勢」をとるための「役割」をもっている、

ということなのです。

 

 

特に、

「広背筋」や「前鋸筋」などの「筋肉」は、

「胴体(体幹)」の「横」側についていて、

 

「横」からの「支え」の役割も担っています。

 

 

人間の体は、

「よりかかり」「休めの姿勢」で、

「横」(正確には「ななめ後ろ」)に、

「よりかかり」たがるので、

 

「胴体」の「横」側についている「筋肉」は、

「支える」ために、働かなければなりません。

 

 

他にも、

「肩甲骨」についている「筋肉」には、

この「横」や「うしろ」側の「支え」に使われる、

「筋肉」が多いのです。

 

 

ですので、

「姿勢」で、「横」「うしろ」の「支え」で、

「筋肉」のはたらきを使われすぎると、

 

「肩(腕)」を動かすときには、

「肩甲骨」を動かせる範囲がせばまったり、

 

「肩甲骨」を動かすために使う「筋力」に、

余裕がなくなったりします。

 

ですので、

この「よりかかり」の「支え」「固定」に、

使われている「筋肉」の、その役割を「軽く」してあげることで、

 

「肩甲骨」は「楽」に動かせるようになり、

その分、

「肩」を動かした時にかかる「負担」も軽減するのです。

 

 

これは、実際体験した方が、1番ビックリされますが、、

 

 

「肩の痛み」が気になる人は、

普段、「よりかからない」方に姿勢を移してから、

「肩(腕)」の運動をしてみると、

いつもと、「痛み」などの症状に、

違いが出るかもしれませんよ!

 

 

カテゴリー: , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ