「体の前」の「支え」は、「胸骨」を頼りに!

8月 2, 2016 2:11 pm

今回は、

「体の前」側の「支え」は、「胸骨」を「頼り」にするとよい、

という、お話です。

 

 

人間の体は、

「背中」側に、体を支える「筋肉」が多くあり、

その強度も、「おなか」側より強くできています。

 

 

そのため、

「意識」しても、「無意識」でも、

「背中」側に、「支え」の役割を、

集中しやすいのです。

 

 

例えば、

よい姿勢を取ろうと、

「意識」して

「背すじを伸ばす」ときには、

 

背すじを伸ばすために、

「背筋」に力を入れたり、

「肩甲骨」を引き寄せるように、力を入れたりします。

 

 

逆に、

少しだらしなく、

「背中をまるめて」「背中によりかかる」ときにも、

「背中」側に、「肋骨(胸郭)」を、

「押しこんで」、「背中」にハリをつくり、

「背中」に「よりかかった」状態で、

「支え」ます。

 

 

これが、

「腰痛」や「肩こり」の、

原因にもなりやすいのですが、、

 

 

もともと、

人間の体の「構造」としても、

全身的に「丸まる」、

前に「曲がり」やすい、造りになっています。

 

それに比べて、

「背中をのばす」

「反りかえる」方向への動きは、

その範囲は、小さくなっていて、

 

体の「おなか」側は、「動く」方向、

体の「背中」側は、「支える」方向、

という役割も、わかれやすい傾向があります。

 

 

それでは、

体の前側(おなか側)には、

あまり「支え」として、

「頼り」になるものは、ないのでしょうか?

 

 

実は、

それが、「胸骨」なのです。

 

 

「胸骨」とは、

左右の「肋骨」を「胸の前」でつなげて、

「胸郭(肋骨のカゴ)」をつくっている「骨」です。

 

 

この「胸骨」は、

「のど」から「おなか(みぞおち)」

にかけて、のびていて、

細長い「剣状」の形をした「骨」です。

 

 

「骨」の長さも、

10~20㎝程なので、

「背骨」に比べれば、だいぶ短いですが、

 

「体の前」の、

特に、重たい「頭」「首」の下にあるということが、

貴重です。

 

 

この「胸骨」が、

「よりかかって」もよい場所、

体の前の「支え」になっている場所、

と知っているだけでも、

 

「背すじがのびた」、

いわゆる「よい姿勢」、をとることが、

だいぶ「楽」になるのです!

 

 

しかも、

「背筋」の力で、

ぐっと「背すじをのばす」よりも、

ずっと「楽」に、力も使わずに、

 

「胸をひろげていられる」ことが、

わかるはずです。

 

 

この「胸骨」に、

「よりかかる」感覚がつかめれば、

 

「意識」するだけで、

誰だも、「楽」に、

「背中」の「負担」を「減らせる」、

という、メリットがあります。

 

 

しかも、慣れてくると、

普段の生活で、

車のシートや、椅子の背もたれに、

「背中」側に、もたれかかっていても、

 

同じそのままの姿勢で、

「胸骨」での「支え」にも、

力を分散できるようになります。

 

 

「腰痛」や「肩こり」にお困りの方には、

「痛み」の部分にかかる「負担」を減らせるという、

ありがたい効果もありますよ!

 

 

カテゴリー: , , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ