「肘」が、動きにくくなった「原因」は、コレ!

8月 3, 2016 2:10 pm

先日、

「肘」の「曲げ伸ばし」が、

しっかりできなくなってしまった、

という方が、いらっしゃいました。

 

 

この方は、

3年前に、「肘関節」の「骨折」をして、

「手術」もおこなったとのことです。

 

 

医師からは、

「関節」の部分は、「レントゲン」では問題ない、

と説明を受けたそうです。

 

 

手術後も、

病院で、「リハビリ」を受けたそうですが、

「関節」の動きの「制限」は、

残ってしまったとのこと、

 

 

「痛み」などは、特に感じなくはなったそうですが、

 

この方は、「スポーツ選手」だったため、

「制限」のある「体」では、

「力」のコントロールもしにくく、

 

やはり、「競技」には、

「支障」が出てきたとのことです。

 

 

確かに、

この方の「肘」は、

「曲げ」「伸ばし」の動きに、

「制限」がありました。

 

 

ですが、

この「肘」を単純に、

「曲げ」たり、「伸ばす」運動をしても、

動くようにはならないことは、

すぐにわかりました。

 

 

この方の「肘」を、

動きにくくしている「原因」。

 

 

それは、

強く「ワキ(脇)」をしめ込んでいた、

ということです。

 

 

これは、

そのケガをした「腕」を、守ろうとして、

「無意識」に、使っていた、

「体」「脳」の防衛活動ですが、

 

この「ワキ」をしめる力は、

「ワキ」をしめている方の「肋骨」から、

「胴体(体幹)」をこえて、

反対側の「肋骨」が「押し出され」ているくらい、

強い力でした。

 

 

この「ワキをしめる」力が、

「制限」のある「肘」には、

強い「ねじれ」の力となって加わっていたので、

 

「肘関節」は、「曲げ」「伸ばし」が、

しっかりできない状態にあったのです。

 

 

「ぞうきん」のように、

強く「ねじられた」状態では、

「関節」が動きづらいのでは、

当然ですよね。

 

 

ただ、この「肘関節」は、

「見た目」でも「ねじれ」ていることが、

わかりにくい「関節」でもあります。

 

 

 

この「ワキをしめる」力から、

「開放」させてあげ、

「肘」の「ねじれ」をほどいてあげることで、

 

「肘関節」にはまた、

「曲げ」「伸ばし」ができる、

「関節」や「筋肉」「ヒフ」の余裕が、

生まれました。

 

 

 

実際には、

まだ多少の動きの「制限」は残っていますが、

 

本人は、

「ケガをしていない腕より、動かしやすい感じがします!」

と、言っています。

 

 

ケガをしてから、3年も経過していましたが、

 

この「肘」が動かない「原因」がわかれば、

「肘」が動く機能は、

しっかり残っていたのですね。

 

 

カテゴリー: , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ