「腰痛」には、この「筋肉」をみろ!

8月 3, 2016 2:40 pm

今回は、

「腰痛」に関係している「筋肉」について、

お話ししたいと思います。

 

 

それは、「腰方形筋」という、

「筋肉」です。

 

あまり、聞きなれない「筋肉」だと思いますが、

この「腰方形筋」が、

「腰痛」には、大きく関係していることが、

多いのです。

 

 

「腰痛」の症状が出やすい「筋肉」は、

「脊柱起立筋」という、

いわゆる「背筋」の「筋肉」です。

 

 

この「脊柱起立筋」は、

実は、

いろいろな種類、いろいろな長さの「筋肉」を、

まとめて呼んでいるもので、

実際には、

1つの「筋肉」ではないのです。

 

 

わかりやすく言えば、

「背中」をおおっている「筋肉」を、

まとめて呼んだものです。

 

 

ですが、

さきほどの、「腰方形筋」は、

この「背筋」群の中には、

ふくまれていません。

 

 

この「腰方形筋」は、

「腰」の「横側」にあり、

 

「骨盤」と「肋骨」の、

間をつないでいます。

 

 

「腰」には、

「骨」の「支え」としては、

「腰椎(腰の背骨)」が、体の中心にあるだけで、

そのまわりは、「筋肉」で「支える」しかありません。

 

 

 

「腰方形筋」は、

その「腰」の「横側」を、

「支え」ている「筋肉」なんですが、

 

この「筋肉」が「腰痛」の、

「引き金」を引くことになることが、

よくあるのです。

 

 

しかも、

この「腰方形筋」自体が、

「腰痛」として「痛み」を出すことは、

あまり多くないのです。

 

 

この「腰方形筋」は、

「腰」の「横側」を「支え」たり、

「背中」を「反らせたり」するときに、

はたらく「筋肉」ですが、

 

「腰」を「ひねる」ときにも、

使う「筋肉」です。

 

 

「腰痛」の原因は、

「腰」へ「よりかかり」「押しこまれた」

「休めの姿勢」から、「抜け出せなく」なり、

 

「腰」が「ねじれ」た状態のまま、

になっていることが多いですが、

 

この「腰」の「ねじれ」を、

受けとめている「筋肉」が、

「腰方形筋」です。

 

 

この「腰方形筋」が、

「腰」の「ねじれ」を、

しっかり受け止めてくれるので、

 

「腰」は、今度は、

この「ねじれ」から、

「抜け出し」にくくなってしまうのです。

 

 

「ねじり」が入ると、

「腰」は、「ぞうきんをしぼった」ように、

全体的に縮まった状態になります。

 

 

この「腰」が「縮まった」状態を、

続けなければいけない状況が、

 

「腰」を「縮めた」まま、

「背中」を「支え」なければならない、

「脊柱起立筋」に、

さらに、「負担」をかけ、

 

「腰痛」を引きおこすのです。

 

 

そのため、

この「腰方形筋」が、

また、しっかりとゆるんで、

伸びれる状態をつくってあげることで、

 

「腰」の「ねじれ」が軽減し、

「背中」も伸びやすくなります。

 

 

そのため、

「痛み」の「脊柱起立筋」を、

調整しなくても、

「腰痛」が軽くなることが多いんですよ!

 

 

「腰痛」でお悩みの方はこちら!!

 

 

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ