「痛み」をとるために、「広背筋」から「肋骨」を「脱出」させる!

8月 4, 2016 9:40 am

今回は、

「広背筋」から「肋骨」を「脱出」させる、

というお話し。

 

 

これは、

体の悩みの多くにある、

「腰痛」「肩こり」「肩の痛み」などの、

原因になっていたり、

 

直接の原因でなくても、

体が「楽」になる方向への、

「突破口」になることが、

多いからです。

 

 

この「広背筋」は、

「胴体(体幹)」の「ななめ後ろ」にあって、

「背中」の「横」側まで、覆っています。

 

 

この「広背筋」は、

「肩」「肩甲骨」を動かすときにも使いますが、

 

「肋骨」や「肩甲骨」を、

「背中」側で、

「包んで」「支える」、役割もあります。

 

 

人間の体は、

「よりかかったり」、「休めの姿勢」を、

取りたがる習性があるので、

 

この「広背筋」は、

「肋骨」(「肩甲骨もふくんで)を、

「背中」側で、

「ハンモック」のように「支える」のに、

最適です。

 

 

実は、

この「広背筋」は、

「肩」から「骨盤」の上の部分にかけて、

「ななめ」に広がっています。

 

 

「ムササビ」にもある、

パラシュートやグライダーのように使う、

「飛膜」のような状態です。

 

 

この「広背筋」に、

「肋骨」がはまり込むと、

おさまりがよいのですが、

 

ぴったりフィットして、おさまりがよすぎるので、

そこから、出てくることが難しくなります。

 

 

居心地がよいところからは、

「無意識」に出て来にくくなるのです。

 

 

ですが、この「広背筋」を、

「よりかかる」「支え」や「固定」に使いすぎると、

 

「肩」や「肩甲骨」を動かすときに、

動かしにくくなったり

「負担」がかかりすぎることで、

「肩」や「肩甲骨」を動かす時に、

「痛み」を起こすことがあります。

 

 

さらに、

「よりかかり」は、左右どちらかに偏るので、

 

「胴体(体幹)」には、

「ねじれ」が生じやすくなり、

「腰痛」や「肩こり」の原因にもなります。

 

ですので、

この「広背筋」の「ハンモック」から、

「抜け出させて」あげると、

いろいろな症状の、改善が得られやすくなります。

 

 

横向きに寝て、

この「広背筋」を、

「ワキばら」の下で床につけるようにしながら、

上向きに「寝返って」戻ってくるときに、

 

「広背筋」は、そのままつけたまま、

「肋骨」だけを先に、

動かしてくるように「寝返って」くると、

「広背筋」から「肋骨」を、

「脱出」させるきっかけを作ることができます。

 

 

「肩」や「肩甲骨」の「痛み」、

「肩こり」や「腰痛」のあなたは、

 

試してみると、体の変化を感じられるかもしれませんよ!

 

 

「腰痛」でお悩みの方はこちら!!

 

「肩こり」でお悩みの方はこちら!!

 

「四十肩・五十肩」でお悩みの方はこちら!!

 

 

カテゴリー: , , , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ