人間は「骨」で、虫は「殻(カラ)」で「支え」る!?

8月 5, 2016 2:20 pm

今回は、

人間の体は、「骨」で「支え」、

虫は「殻(カラ)」で「支え」ている、

という、お話です。

 

 

何を言いたいのかと言うと、

「人間」なのに「虫」のように、体を使おうとすると、

 

「腰痛」や「肩こり」などの「痛み」や、

「関節」などの動きの「制限」が、起こりやすい、

ということです。

 

 

人間の体は、

体を「支える」ための力を発揮する「筋肉」の中に、

「芯(しん)」「軸」となる、

「骨」が「内側」に入った身体構造です。

 

 

「虫」は、体を動かすための「筋肉」が中にあって、

その周りを「殻(カラ)」でつつんで、

「支え」にしています。

 

 

人間の体は「内骨格」、

虫の体は「外骨格」と、呼ばれています。

 

 

人間は、この「筋肉」の「支える」力で、

「骨」を包むように囲み、

 

絶妙な「バランス」で、

「棒(骨)」が倒れないように、

「調整」しています。

 

 

虫は、体のまわりを「殻(カラ)」の「硬さ」でつつんで、

鎧のように「固めた」体を、

そのままの形で動かしています。

 

 

人間は、この「内骨格」のおかげで、

「柔軟で」「なめらかな」「ダイナミックな」

動きが可能となっています。

 

 

ですが、その「ダイナミック」な動きを、

「制限」したい時には、

 

「虫」と同じ、

「外骨格」「殻(カラ)」をつくるような、

使い方を選ぶこともあるのです。

 

 

むしろ、その「不安定」な身体を、

積極的に、「固め」ようとすることが、多いのです。

 

 

「硬い」「殻(カラ)」の方が、

「絶妙」な力加減も必要ないので、

 

普段の「支え」としては、

使い勝手がよいのです。

 

 

これが、人間の体が、

「よりかかり」や「休めの姿勢」で、

「押しこんで」「固定」したがる理由です。

 

 

この「よりかかり」の「固定」が、

「腰痛」や「肩こり」の原因になることが多いので、

 

人間の体の使い方を「思い出させてあげる」

必要があるんですよ!

 

 

カテゴリー: , , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ