「肩」まわりの「ヒフ」の「ねじれ」は厄介!

8月 5, 2016 2:48 pm

今回は、

「肩」まわりの「ヒフ」の「ねじれ」の影響は、とても大きい、

という、お話です。

 

 

「肩」の痛みや、

関節の動きの「制限」で、

お困りの方は、とても多くいらっしゃいます。

 

 

なかには、

体の使い方が原因で、

体を使う「向き」や、

肩を動かす時の「リズム」を変えてあげるだけでも、

改善が得られる方もいます。

 

 

ですが、

体の使い方の影響が、

「肩」まわりの状態や、

「位置関係」まで変えてしまった状況では、

それを修正していくのに、

時間がかかることがあります。

 

 

その中の原因の一つに、

「肩」まわりの「ヒフ」が「ねじれ」て、

「巻きついた」ようになってしまっている、

ことがあります。

 

 

「肩関節」自体、

とてもよく動く「関節」で、

「腕を回す」ような運動も可能です。

 

 

しかも、

「脇(わき)」は、しめたり、広げたりした状態でも、

いろいろな方向に動かせられる、

「伸縮性」も持っています。

 

 

また、

「肩」の「上」、「横」には、

同じように「筒(ポール)状」の、

「首」、「胴体(体幹)」があります。

 

 

「ヒフ」は、「全身タイツ」のように、

その他の部分と、つながりを持っているため、

 

「肩」まわりの「ヒフ」は、

その近くの「首」「胴体」とも、

当然つながりがあります。

 

 

しかも、先ほどの、

「脇(わき)」のあたりは、

伸縮性に富んでいるので、

その「柔軟性」で、縮んだ状態でも、

ある程度、動ける許容範囲が広いのです。

 

 

これが、

「よりかかり」「押しこみ」の

「固定」によって、

 

「肩」まわりだけでなく、

「首」「胴体」などの「ヒフ」も、

巻き込みながら「ねじれ」、

 

「痛み」が出たり、

動きが「制限」されるまで、

「伸びれる」余裕がなくなると、

 

その症状に気づいた時には、

相当強い「ねじれ」に巻き込まれていることになります。

 

 

この「ねじれ」の、

「組み合わせ」「絡まり」から、

それぞれの部分をほどき、

 

そこから「脱出」させていくには、

かなり手を焼くことがあります。

 

 

「肩」まわりの「ヒフ」を、

「つまんだ」り、「引っぱった」りしてみて、

硬くなっていたり、動かなくなったところがないか、

習慣的に確認してみることは、

大事かもしれませんね!

 

 

カテゴリー: , , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ