体にも「ストラップ」や「ベルト」が、巻かれている!

8月 5, 2016 5:24 pm

今回は、

人間の体にも「ストラップ」や「ベルト」が、巻かれている、

と言うお話です。

 

 

人間の体を「支える」ものの中に、

「骨」や「筋肉」「靭帯」など、だけでなく、

 

「ストラップ」や「バンド(ベルト)」も、

体に巻いて、「支え」として使っています。

 

 

あまり聞いたことがないと思いますが、

人間の体には、

体の表面で「平たく」なったり、

少し「凹んだ」ようなところに、

 

「水平(体を輪切りにする方向)」に、

「輪っか」をつくるように、

体に巻かれた「ストラップ」「バンド」があります。

 

例えば、

実際に「ベルト」を巻くような、

「へその下」にあるものや、

 

女性の下着を巻くような、

「おなかと胸の境界」の位置にあるもの、

「鎖骨」の高さにあるもの、

股関節のつけ根「ソケイ(鼡径)」の位置にあるもの、など

いくつかあります。

 

 

この「ストラップ」「バンド」には、

体が過度に深く「折り曲がる」のを防ぐ「役割」があります。

 

 

この「ストラップ」「バンド」は、

その「硬さ」で、体を「支える」のですが、

あまり「硬く」なりすぎると、

 

その近くにつながっている、

「筋肉」や「膜」「ヒフ」の動きを、

阻害するようになることもあります。

 

 

例えば、

「よりかかり」「休めの姿勢」では、

体は「丸く」なりやすいので、

 

この「ストラップ」「バンド」の「硬さ」に、

「乗りかかる」ように「頼る」機会が増えます。

 

長い時間や、習慣として、

その使い方が続くと、

「ストラップ」「バンド」は「硬く」動きづらくなり、

「姿勢」もそこから戻りにくくなります。

 

 

「硬く」なった「バンド」には、

動きも入りにくくなるので、

 

そのまわりの「筋肉」「膜」「ヒフ」も、

動く機会を失って、

「癒着」するように、「離れにくく」なります。

 

 

 

「バンド」はしめこまれたままになりやすいので、

「胸」に巻かれた「バンド」が広がりにくくなると、

「呼吸」も「浅く」なったりします。

 

 

この「ストラップ」「バンド」の場所を知っておくと、

 

定期的に「硬くなっていないか?」と、

確かめてあげることで、

 

「よりかかり」の姿勢から「抜け出す」きっかけを、

普段の生活に取り入れることが、

できるかもしれませんね!

 

 

カテゴリー: , , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ