「膝」のためには、「大腿(ふともも)」を鍛えた方がよい、という‟ウソ”

8月 6, 2016 2:26 pm

今回は、

「膝」のためには、「大腿(ふともも)」を、

鍛えた方がよい、という‟ウソ”、

について、お話ししたいと思います。

 

 

「膝」の「痛み」や、関節の「制限」、

「変形性膝関節症」などの方の中には、

 

「「大腿(ふともも)」の「筋肉」を、鍛えて下さい!」

と言われたことがある人は、多いと思います。

 

 

テレビや雑誌の特集などで、

見て知っている人も、少なくないと思います。

 

 

ですが、

この「大腿(ふともも)」を鍛える、

ということが、

「間違って」いたら、どうしますか?

 

 

正確にいうと、

「間違い」ではなく、

 

痛みなどの「膝」の症状がある方が、

その「膝」の状態のままおこなうと、

 

「逆効果」、

余計に「症状が悪化」

することが、多いということです。

 

 

それは、なぜか?

 

 

それは、

「膝」の症状を引き起こしている理由の多くは、

「膝」が「ねじれ」た状態で使って、

「膝」の「負担」が高まっているからです。

 

 

「膝」の「ねじれ」が起こる原因は、

「腰」や「胴体(体幹)」からの、

 

「ふり向く」ような、

「ねじれ」の影響によって、

引き起こされることが多いですが、

 

この「膝」が「ねじれ」た状態で、

「膝」まわりの「筋トレ」や、

「スクワット(屈伸)」運動をおこなうと、

 

「膝」を「壊す(こわす)」力が加わります。

 

 

それは、

「膝」が「ねじれ」た状態で、

「膝」まわりの「筋肉」を使って、

 

「膝」まわりや、「膝関節」の中の、

「圧力」が上がるような「運動」を行うと、

 

「ぞうきん」をしぼるような「圧力」が、

「膝」まわり、「膝関節」の中に生じます。

 

 

この力が、「膝」に、

「ねじり込んで」「すりつぶす」ような、

力を加えます。

 

 

この運動が、くり返されることで、

 

「膝」の「痛み」が強まったり、

より「膝」が「ねじれ」て、

関節の「制限」が強まったり、

 

「変形性膝関節症」の、

関節の「変形」を早めるきっかけに、

なってしまったりします。

 

 

実際、「膝関節」まわりの、

 

「膝」を守って、

「膝」を「支え」る「筋肉」を、

よく使うこと自体は、

「間違い」ではありません。

 

 

ですが、

その前に、しっかり、

 

「膝」の「ねじれ」を「直す」、

ということをしておかないと、

 

「逆効果」、「症状の悪化」を招くことになるので、

注意してくださいね!

 

 

Tags:

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ