「腰背筋膜」は、頼りがいのある「腰」の「背もたれ」!

8月 7, 2016 2:35 pm

今回は、

「腰背筋膜」は、頼りがいのある「腰」の「背もたれ」、

という、お話です。

 

 

「腰背筋膜」というのは、

 

「骨盤」のまん中にある「仙骨」から、

「骨盤」の上縁に向かって広がり、

そのまま、「脊柱(背骨)」に向かって、

閉じていくような、

 

「腰」のうしろにある、

「ひし形」の

「バンド(ベルト)」です。

 

 

この「腰背筋膜」は、

「筋肉」や「腱」や「筋膜」などが、

入り混じった状態で、

「硬さ」と「柔軟性」を兼ねそなえた、

 

「腰」のうしろを「支え」る、

はたらきを持つものです。

 

 

これは、

「骨盤」を「うしろ」で、

「受けとめる」「受け皿」のような、

はたらきをしています。

 

 

この「腰背筋膜」は、

「頭」のうしろの根っこから、

 

「背中」の筋肉(脊柱起立筋)や、

「おしり」の筋肉(殿筋)、

「ふともも」の横の筋肉(大腿筋膜張筋)とも、

つながりを続けていくため、

 

「背中」から「おしり」にかけて、

体の背中側を、ぐるっと覆っています。

 

 

これは、

「背中」を「丸めた」時などに、

「脊柱(背骨)」の弯曲を引っかけて止めるには、

とても「都合がよく」、

「頼りがい」があるものです。

 

 

ですが、

この「便利」で「都合」がよい、

「腰背筋膜」に、

「よりかかって」頼りすぎると、

 

そこから「抜け出しにくく」なります。

 

 

「よりかかり」続けることで、

「おなか」「股関節」「胸」などの、

体の「前側」は、

 

「筋肉」や「ヒフ」も、

縮まったまま、開きにくくなり、

体の「前側」にも、戻りにくくなります。

 

 

この状況が続くと、

「腰背筋膜」は、

常に、「胴体(体幹)」の重さを、

「受け止め」続けなければならない状態になり、

 

「硬く」「柔軟性も乏しく」

なってしまうのです。

 

 

この部分が、

「腰痛」の原因になることも多いのですが、

 

この「腰背筋膜」が、

「便利」で「頼りがい」があるところ、

だと理解して、

 

そこにばかり、頼っていてはいけないな、

と、普段の生活で気をつけてあげるだけでも、

 

自然と、この「腰背筋膜」にかかる「負担」は減り、

「腰痛」が軽減することもあります。

 

 

日ごろから、

この「腰背筋膜」を、気をかけてあげると、

「痛み」が、違ってくるかもしれませんよ!

 

 

「腰痛」でお困りの方はこちら!!

 

「肩こり」お困りの方はこちら!!

 

 

Tags:

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ