足は「アーチ」より、「横のひらき」が大事!

8月 7, 2016 4:10 pm

今回は、

足は、「アーチ」より「横のひらき」が大事、

という、お話です。

 

 

「足(足部)」は、

その上にある体の大きさに対しては、

とても「小さい面積」の「足の裏」で、

その「重さ(体重)」を「支え」ています。

 

 

そのまま「足の裏」に、

「全体重」がかかってしまうと、

 

「足の裏」には、

相当の「負担」がかかってしまいます。

 

 

そのため、

「体重」のかかる「圧力」の方向を「分散」させ、

さらに、

「足の裏」の「支え」る「強度」を高めるために、

 

「縦方向」、「横方向」に、

「アーチ」(弓なりの架け橋)をつくって、

対応しています。

 

 

この「アーチ」は、

「足部の保護」、「足部のはたらき」をよくするためには、

とても大事だということは、

一般的になってきました。

 

 

例えば、

「足底板(インソール)」は、

普通の靴屋さんでも、

置いていないところはないでしょう。

 

 

ですが、

この「足のアーチ」よりも、

大事にしなければいけないものがあります、

 

 

それは、

足の「横のひらき」です。

 

 

これは、

「足の指」、「足の平」、が、

足の親指側から、小指側に、

開けるかということです。

 

 

足部は、

体に何か「痛み」などが起こって、

そこを「守ろう」とする時や、

 

「よりかかり」「休めの姿勢」で、

「固定」するときも、

 

「足の平」を、「内側(親指側)」に、

「閉じる」ような使い方をします。

 

 

これは、

体の中心の、「腰」「胴体(体幹)」が、

「ななめ後ろ」に「よりかかり」、

「うしろをふり向く」ような、

使い方になったことに対し、

 

「足先」を「内側」に「ひねって」、

「つり合いを取る」ために、

おこなっているためです。

 

 

この使い方は、誰の体でも、

「無意識」に使いやすい使い方なので、

 

「足の裏」は、

「内側に閉じた」状態になりやすいのです。

 

 

この「足の裏」が「内側」に「閉じた」状態では、

「足のアーチ」の「高さ」が十分あったとしても、

その「柔軟性」は「乏しく」なってしまっていたり、

 

逆に、「足のアーチ」をつぶすような、

「平たい」足の形にもなることがあるので、

 

「アーチのはたらき」が、

機能しにくくなることがあります。

 

 

この「足が閉じて」、

「アーチ」が機能しなくなった状態では、

 

「足部」に「負担」がかかって、

「痛み」や、関節の「制限」になるだけでなく、

 

「膝」や「腰」にも影響し、

「腰痛」「膝痛」などの原因になることがあります。

 

 

ですので、

大事な「足のアーチ」が、

しっかりとその役割を果すために、

 

足は、しっかり「横にひらく」ことが、

できなければならないのです。

 

 

ですので、

「足がちゃんと横に開かないな」

と気づいた人は、

 

しっかり「足が開ける」ようになると、

「足部」だけでなく、

「膝」や「腰」も、

「楽」に「軽く」なるかもしれませんよ!

 

 

カテゴリー: , , , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ