「坐骨神経痛」は、「反対側」の動きで「改善」する!?

8月 8, 2016 2:32 pm

今回は、

「坐骨神経痛」は、「反対側」の動きで「改善」する、

という、お話です。

 

 

「脚(足)」や「おしり」に、

「痛み」が生じたり、

「しびれ」が出たりする、

 

「坐骨神経痛」といわれる症状に、

お悩みの方は、たくさんいらっしゃいます。

 

 

この「坐骨神経痛」は、

「坐骨神経」が、何かよくない状態、

 

例えば、坐骨神経の「病気」のような、

「坐骨神経」自体に、何かが起こっているような、

そんなイメージはありませんか?

 

 

実際には、

この「痛み」「しびれ」などの、

足の「神経症状」を出している、

「坐骨神経」には、

特に問題がないことが多いんです。

 

 

むしろ、

しっかりと「神経症状」を出しているので、

その反応としては、「正常」だとも言えます。

 

 

では、なぜ、

この「坐骨神経」の症状が出てくるのか?

 

 

それは、

「坐骨神経」が、「圧迫」された状態にあるからです。

 

 

そんなに、意外な答えではありませんでしたね。

 

なんとなくは知っていた気がしませんか?

 

なんとなく、そんな感じに、

体でも感じていませんでしたか?

 

 

「坐骨神経痛」の原因として、

 

「殿筋」(おしりの筋肉)に、

「坐骨神経」が「圧迫」されているから、とか、

 

「ハムストリングス」(ふとももの裏の筋肉)に、

「はさまれて」いるから、とか、

 

「梨状筋」にはさまれた「梨状筋症候群」だから、

 

などと、

その原因も、いろいろなところから考察されています。

 

 

ですが、病院などで、

この「坐骨神経痛」の「診断」がつく場合の多くは、

 

足の「痛み」「しびれ」などの「神経症状」があるのに、

「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」などの「診断」が、

「検査」からは、断定できなかった時に、

つくことが多いのです。

 

 

要は、

「症状」はあるのに、「原因」はよくわからなかった、

ということなのです。

 

 

では、

本当の「坐骨神経痛」の原因は?

 

 

それは、

「腰」から「足」にかけて、

「坐骨神経」の通っている「通り道」に、

 

体が、

「休めの姿勢」で「ななめ後ろ」に、

「よりかかって」「抜け出せなく」なっていることで、

 

「坐骨神経」が「圧迫」され続けている、

状態になっていることです。

 

 

「坐骨神経」の「通り道」には、

頼りがいのある「筋肉」が、つながっていて、

「よりかかる」には「都合がよい」環境なのです。

 

 

そのため、

「坐骨神経」の、

「内側」からは、「よりかかった」「体重」の「圧力」で、

「外側」は「筋肉」が「硬く」「固定」した「硬さ」で、

 

「坐骨神経」は、「はさまれて」、

逃げ場がなくなってしまった状態にあるのです。

 

 

ですので、

先ほど挙げた、「殿筋」や「梨状筋」や「ハムストリングス」などの、

「硬く」なった、頼りがいのある「筋肉」を、

ゆるめてあげることで、

 

症状が軽減することもありますが、

また、元のように、症状をくり返す人も少なくないのです。

 

 

では、どうすればいいか?

 

 

その「よりかかり」から「抜け出して」、

「反対側」に行きやすくしてあげればいいのです。

 

「坐骨神経」を「圧迫」している「よりかかり」を、

やめればいいのです。

 

 

「神経症状」のない、「反対側」の動きを、

動きやすくしてあげて、

「反対側」に移動しやすくすることで、

 

「症状のある」方への「よりかかり」は軽減し、

「坐骨神経」にかかる「圧迫」はなくなるというわけです。

 

 

ですので、

当院では、この「痛み」「しびれ」の

「神経症状」のある人には、

 

「反対側」からの調整から始めますし、

それで、「神経症状」が軽減してしまう人がほとんどです。

 

 

しかも、

「腰椎椎間板ヘルニア」や

「腰部脊柱管狭窄症」の「診断名」がついている人でも、

 

この手順で、症状が軽くなってしまうことは、

少なくないのですよ!

 

 

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ