「骨盤」のまわりは、「さらし」が「巻きつけ」られている!

8月 8, 2016 5:25 pm

今回は、

「骨盤」のまわりは、「さらし」を巻くように「固定」されている、

という、お話です。

 

 

「骨盤」は、

体の「中心」で、「上半身」と「下半身」をつなぎ、

体を「支え」たり、「バランス」を取ったり、

しています。

 

 

「骨盤」は、

2本の細長い「脚」の上で、

1つの「筒状」になった太い「胴体(体幹)」を乗せています。

 

 

ですが、その「胴体」の中心は、

もっと細くて「不安定」な、

1本の「腰椎」とつながるだけで、

 

その体の「動き」「支え」「バランス」の、

「土台」となっています。

 

 

しかも、

「足」からのつながりである「股関節」も、

「ボール」状の、「骨の頭」をしているので、

相当に動く、応用力のある「関節」になっています。

 

 

この「動き」「支え」「バランス」をとる「中心」の、

「骨盤」のまわりは、

 

その「役割」の多さから、

「腰痛」などの問題を、

よく引き起こす場所でもあります。

 

 

人間の体は、

よく動く場所には、

「よりかかり」「押しこんで」「固定」したがる、

習性があるので、

 

このよく動く「骨盤」も、

「押しこんで」「固定」されやすい場所です。

 

 

「骨盤」のまわりには、

体の中でも大きな「おしり」の「筋肉」があり、

 

「おしり」自体も、

皮下脂肪をふくめて、

よく「肉」がつきやすい場所です。

 

 

「おなか」「腰」まわりは、

「おしり」に比べれば、薄い「筋肉」ですが、

 

「腰椎」のまわりを、ぐるっと回って囲み、

「伸縮性」も、「支え」の強度もある、

「腹筋」「背筋」に囲まれています。

 

 

そして、「おしり」同様、

皮下脂肪をふくめて、

「肉」がよくつきやすい場所でもあります。

 

 

これらの「筋肉」をふくめた「肉」の多い、

「骨盤」まわりは、

 

「ななめ後ろ」に「よりかかり」、

「押しこまれた」状態になると、

 

その周りを、

先ほどの「筋肉」「肉」「ヒフ」までふくめて、

 

「骨盤」のまわりに「巻きつくように」

「ねじれ」て「張りつき」ます。

 

 

「さらし」を「骨盤」のまわりに「巻きつけ」て、

ギュっとしぼったような状態です。

 

 

実は、「皮下脂肪」も、

この「強度」を高めるために、

蓄積されることが多いのです。

 

 

この状態で、

「関節」の運動や、

「姿勢」を直そうとしても、

うまくいくはずがありません。

 

 

それは、

「骨盤」が、

「股関節」もふくめて、

その周りを「しめ込まれた」状態なので、

 

「股関節」や「腰椎」との、

「関節」の方向も、

少しずつ、ズレてしまっているからなのです。

 

 

ですので、

「骨盤」まわりの運動や、

「姿勢」を調整していくときには、

 

この「骨盤」のまわりが、

「巻きつい」て「固定」された状態から、

「抜け出させ」てあげないと、

いけないんですよ!

 

 

カテゴリー: , , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ