知られざる「前鋸筋」の「役割」!

8月 9, 2016 2:07 pm

今回は、

あまり知られていない「前鋸筋」の「役割」について、

お話ししたいと思います。

 

 

「前鋸筋」という「筋肉」自体、

あまり聞いたことがないと思いますが、

 

この「前鋸筋」は、

「肩甲骨」と「肋骨」の間にはさまれるように、

それぞれの「骨」をつないでいます。

 

 

「前鋸筋」は、「肋骨」に対して、

「肩甲骨」を、「外側に開いた」り(外転)、

上に向かって「回転」する動きを(上方回旋)、

可能にしています。

 

 

これは、

「肩関節」が動くときに必要な、

「土台」となる「肩甲骨」の動きなので、

 

この「前鋸筋」を使った「肩甲骨」の運動ができないと、

「肩が上がらなく」なったり、

「肩に痛み」が生じたりするようになります。

 

 

これが、一般的な

「前鋸筋」の「役割」です。

 

 

そのため、

「肩の痛み」や、

関節の動きの「制限」が、生じた時には、

 

この「前鋸筋」の「張り」「硬さ」を、

ゆるめようとすることが多いのです。

 

 

確かに、

この方法で、「肩の症状」の改善が得られる人もいます。

 

 

ですが、それだけではうまくいかない人も、

多いのです。

 

 

それは、なぜか?

 

 

それは、「前鋸筋」の、

もう一つの「役割」を知らないから。

 

 

もっと言えば、

なぜ、「前鋸筋」が「硬く」「動かなく」なってしまっているのか?

ということです。

 

 

 

それは、

「前鋸筋」は、

「肋骨」を、「横(外)側」から「受けとめて」いる、

という「役割」があるからです。

 

 

これは、

「肋骨(胸郭)」が、

「押しこまれた」ように、「ななめ後ろ」に、

「よりかかった」状態になると、

 

「前鋸筋」は、「手のひら」のように、

広がった「筋肉」なので、

 

体の「横側」から、その「肋骨」を「受けとめ」て、

「支え」てくれるようになります。

 

 

この体の「使い方」、この「姿勢」が、

長い時間続くと、

この「姿勢」からは、「抜け出し」にくくなります。

 

 

そのため、

「前鋸筋」は、

「受けとめ」続けている内に、「硬く」なり、

「伸び縮み」しにくくなります。

 

 

そのため、

この「前鋸筋」とつながっている、

「肩甲骨」の動きも「制限」されるようになるため、

 

「肩関節」の動きも「制限」され、

「肩痛」も生じるようになるのです。

 

 

ですので、

この「前鋸筋」の受けている「負担」を減らし、

元のように「肩甲骨」が、動きやすくなるためには、

 

「肋骨」が「前鋸筋」に「押しこまれ」ている、

「よりかかっている」状態から、

「抜け出せる」ようにしなくてはいけません。

 

 

このことができると、

「肩甲骨」や「前鋸筋」を、直接触らなくても、

「肩痛」、動きの「制限」が、

改善してしまうことがあるのです。

 

 

要は、「受けとめている」「前鋸筋」と、

「反対方向」へ動きやすくしてあげればいいのですね!

 

 

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ