「股関節」は、なぜ「つまる」のか?

8月 11, 2016 11:12 am

今回は、

「股関節」は、なぜ「つまる」のか?

という、お話です。

 

 

「股関節」は、

「関節」の「頭」が、ボール状の、

よく動く「関節」です。

 

 

「股関節」の「受け皿」である、

「骨盤」のくぼみも、

浅い「カップ」状なので、

 

「股関節」は、グルグルと、

よく動きます。

 

 

しかも、

この「受け皿」側の「骨盤」自体も、

 

細長い「足(脚)」と「腰椎」にはさまれて、

「腰を回す」ように、

グルグルと、よく動けます。

 

 

この、よく動く「股関節」は、

「スポーツ選手」でも、使いきれないくらいの、

「大きく」「応用力」のある動きが可能なので、

 

普段の生活では、

「不安定」な部分だとも言えます。

 

 

パソコンなどのデスクワークや、

「寝て」いたり、「歩いた」りする中でも、

 

この「股関節」は、ある程度、

その動きの大きさを、「制限」された方が、

 

「安定」して、都合がよいのです。

 

 

この、「股関節」「骨盤」まわりの動きを、

「制限」するために、

 

「体」「脳」が取りたがるのが、

「休めの姿勢」です。

 

 

左右どちらかの「骨盤」「股関節」に、

「よりかかり」「押しこむ」ことで、

「股関節」まわり」を、「固定」します。

 

 

この「股関節」周辺に、

「押しこまれた」「固定」により、

 

「股関節」は、

「ななめ後ろ」に「押しこまれた」状態となります。

 

 

この「ななめ後ろ」に「押しこまれた」状態だと、

「股関節」の「頭」は、

「股関節」の「前」側に、出て来られなくなります。

 

 

そして、

「股関節」の「前」にある「筋肉」は、

「股関節」の前で、「股関節」を「閉じた」ように、

「縮まって」いる状態になります。

 

 

「股関節」が、「ななめ後ろ」に、

「押しこまれて」いることで、

 

「骨盤」まわりには、「ねじれ」が生じ、

「巻きついた」ような、「しめ込まれた」ような力でも、

「固定力」を強めています。

 

 

この状態で、

さらに、「股関節」に、

「体重」がかかったり、「筋肉」に力が入ったりすると、

 

「股関節」が「圧縮」されるように、

「苦しく」なったり、「痛み」が出るようになります。

 

 

また、「股関節」の前側の「筋肉」も、

常に縮まった状態で、力が抜けないので、

それ自体が「筋肉」の「痛み」

になることもあります。

 

 

「力が入って」「縮まった」状態のまま、

「引き伸ばされる」ような運動が加わると、

 

「股関節」の前側に、

「伸張痛」が生じることもあります。

 

なかには、

「鼡径(そけい)部」に「痛み」を感じる人もいます。

 

 

これが、

「股関節」の「つまり」「痛み」が起こる理由です。

 

 

ですので、

「股関節」の「つまり」「痛み」を改善するためには、

 

「股関節」が、

「ななめ後ろ」に「押しこまれた」状態から、

 

「抜け出せる」ような体に、

ならなければいけないのですね!

 

 

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ