「膝痛」が治ると、「脚」が細くなる!?

8月 16, 2016 2:05 pm

今回は、

「膝痛」が治ると、「脚」が細くなる、

という、お話です。

 

 

これは、

「膝痛」が改善されると、

「脚」の位置関係も戻っていて、「細く」なっている、

ということです。

 

 

「膝痛」が起こる原因の多くは、

「膝」まわりの、「関節」や「筋肉」「ヒフ」も含めて、

「ねじれ」て、「しぼり込まれる」ように、

 

「膝」周辺に「圧力」がかかっている状態、

だということです。

 

 

この状態にあると、

「ねじられ」た「膝関節」は、

「内向き」に「ねじれ」て、

「ななめ後ろ」に「押し出さ」れ、

「横広」の位置関係に「ズレ」てしまいます。

 

 

この時、

「膝関節」まわりの「筋肉」「ヒフ」なども、

この「ねじれ」の影響を受けます。

 

 

「筋肉」が、しっかりとした位置関係にある

「大腿(ふともも)」「下腿(ふくらはぎ)」では、

「前後」に厚みのある「「大腿」「下腿」になっています。

 

 

この「前後」に厚みのある「大腿」「下腿」に、

「ねじれ」が生じると、

 

その「筋肉」の位置関係は、

「横」方向に引っぱられるように広がるので、

 

「大腿」「下腿」は、

「正面」から見ると、「横広」になって、

太くなったように見えます。

 

 

「膝痛」の改善のために、

「膝」まわりの位置関係を直すと、

「膝」まわりの「ねじれ」から「開放」されるので、

 

「横広」だった、「大腿」「下腿」は、

「正面」を向くように位置関係が戻り、

 

「脚」自体が、「細く」なったように見えます。

 

 

横方向に「スライド」するようにズレた

「膝関節」の位置関係も戻ると、

「膝関節」の横幅も、「細く」なったように見えます。

 

 

実際に、

「膝」まわりでは、「筋肉」や「ヒフ」も

「ぞうきん」を「しぼった」ように、

「縮まって」「集まって」くるので、

 

その「ねじれ」が解けることで、

しっかりとした方向に「伸びれる」(戻れる)ようになり、

たわんでいた「お肉」は、「薄く」なります。

 

 

これが、

「脚」が「細く」なる理由です。

 

 

これは、70代、80代の年配の女性の方でも、

おどろくほど喜ばれます。

 

 

「ねじって」「固定」した部分には、

その周りを「コーティング」するために、

 

「脂肪」「コラーゲン」で「補強」されるので、

しつこい「お肉」も、実際つきやすい場所です。

 

 

ですが、

この「膝」まわりの位置関係が戻ることで、

「膝関節」周辺の「インナーマッスル」も働きやすくなるので、

 

実際に、しつこい「お肉」も代謝されて、

減りやすくなるんですよ!

 

 

Tags:

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ