「腰痛」には、「おなか」の「ヒフ」をつまむ!

8月 18, 2016 10:40 am

今回は、

「腰痛」の時は、「おなか」の「ヒフ」をつまむ、

という、お話です。

 

 

これは、

「腰痛」のときは、「おなか」の「ヒフ」をつまめるくらい、

柔らかくしてあげると、「腰痛」は「楽」になる、

ということです。

 

 

言い換えると、

「腰痛」の時は、「ヒフ」もつまめないくらい、

「おなか」が「硬く」なっている、

ということです。

 

 

「腰痛」が起こる原因の多くは、

「腰」「骨盤」まわりを、

「ねじって」「固定」したがるため、

 

「負担」がかかり続けた「腰」の部分に、

「痛み」が生じる、というものです。

 

 

これは、

人間の選びたがる、

「よりかかり」「休めの姿勢」のために、

引き起こされるものです。

 

 

この、「腰」「骨盤」を「ねじる」力は、

左右どちらかの「ななめ後ろ」に「押しこむ」力によって、

引き起こされていますが、

 

この「ななめ後ろ」に「押しこむ」力は、

おなかの「腹筋」の力によって、

受けているものが多いのです。

 

 

しかも、この「腹筋」は、

「うしろ」に「押しこむ」力と、

 

それ以上「うしろ」に行って「倒れない」ように、

「引き止める」力の、

「矛盾した」両方向の力を出し続けることになり、

 

「腹筋」は、常に働き続けている状態になります。

 

 

この状態では、

「腹筋」がゆるむということは、難しくなります。

 

 

さらに、「腰」の「ねじれ」は、

「腹部」の「ねじれ」と直結するため、

 

「腹筋」は「ねじれ」て、「縮まった」状態から、

「抜け出せなく」なってしまいます。

 

 

常に、力が入って「緊張」した状態の「腹筋」は、

そのまわりの「おなか」の「ヒフ」まで、

「縮んで」「伸びにくい」状態にします。

 

 

この「高緊張」の「腹筋」は、

そのまわり(表面)を「硬い」「ヒフ」で

コーティングされてしまっているので、

身動きがとれない状態になってしまいます。

 

 

この「腰」「おなか」の状態は、

「ねじれ」の「固定」から「抜け出させて」あげることが、

最も効果的ですが、

 

「固定」が強すぎて、

一度で「ねじれ」から「開放」することが難しい場合は、

 

「おなか」の「ヒフ」をゆるめる、

という方法を取ることがあります。

 

 

「おなか」の「ヒフ」をつまんで、

その内側の「筋膜」や「筋肉」と、

別々に動ける「余裕」が生まれると、

 

「筋肉」はその中で動きやすくなるスペースができるので、

「腰」の「ねじれ」の「固定」が軽減しやすくなります。

 

 

さらに、「おなか」の「ヒフ」は、

「胸」「股関節」ともつながりを持っているため、

 

体の「前面」が広がりやすくなり、

「腰」「背中」への「押しこみ」から、

「抜け出し」やすくなります。

 

 

ですので、

「腰痛」を感じる人は、

「おなか」の「ヒフ」を「つまめる」くらい、

柔らかくしてあげられると、

 

「腰痛」も「楽」に感じられると思いますよ!

 

 

Tags:

カテゴリー: , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ