体の「クセ」は、体が「洗練」された証!?

8月 25, 2016 10:41 am

今回は、

体についた「クセ」は、体の使い方が「洗練」されたものだ、

という、お話です。

 

 

「腰痛」や「肩こり」「膝痛」などの

体に起こった症状の、原因のほとんどは、

 

「習慣的」についた、体の「クセ」の影響で、

引き起こされてているものです。

 

 

ですので、

この体についた「クセ」は、

どうしても「悪者」扱いされてしまう傾向にあります。

 

 

確かに、

この体についた「クセ」は、

「ワンパターン」化して、

 

体の同じような部分に

「負担」をかけ続けることになりやすいのです。

 

 

ですが、

どうして、人間の体は、

このように「ワンパターン」化した、体の使い方を、

選びやすいのでしょうか?

 

 

それは、

「不安定」な動作、作業をくり返すよりも、

同じような動き、限られた範囲での作業の方が、

「効率がよく」、作業の「精度」も高めやすいからです。

 

 

これは、「脳」「体」が

「無意識」に選んでいる戦略です。

 

 

実際、行なっている動作や作業から考えれば、

「洗練」され「安定」した動きにはなっているのです。

 

 

ではなぜ、

子どもには、なぜ大人ほどの「腰痛」「肩こり」がないのか?

 

 

それは、

子どもの動きがまだ「洗練」されていないからです。

 

 

ですが、

いくら「洗練」されたものだと言っても、

他の部分に「負担」をかけ続け、

「痛み」や「関節」などの問題になってしまっては、

 

もともとの「作業効率」をあげる、「精度」をあげる、

という目的にも反してしまう結果になります。

 

 

ですので、

この安定した「固定」は使いつつ、

それが必要でない時には、

この「固定」を外せるようにコントロールできるようになることが必要です。

 

 

わざわざ覚えた「安定性」は残しつつ、

それが必要でない時には、

その「固定」の「負担」から「開放」してあげられるようになれば、

問題ないことが多いのです。

 

 

ですので、

この「洗練」された「クセ」を使っていることを理解して、

使うこと自体が「悪い」ことではなく、

 

その「クセ」を使う必要がない時には、

他の部分にも「負担」を「分散」させてあげられるようになることが大切です。

 

 

そうすることで、

その「クセ」の恩恵も受けつつ、

身につけた「クセ」とも、

うまくつき合っていけるようになるんですよ!

 

 

Tags:

カテゴリー: , , , , , ,

Comments are closed here.

千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30
定休日  土日祝日その他不定休

外観

※地図が正しく表示されない場合は、GoogleMAPに「からだまる塾」と直接入力して頂くと、経路まで正確に表示されます。

 

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩6分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分

 

※駐車場2台分、無料でお使い下さい。

 

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ