脳卒中後遺症でお困りの方

脳梗塞の後遺症
まだあきらめたくない
あなたに

病院以外での身体改善のリハビリが必要な方に!

 

次の中に、あなたに当てはまるものはありませんか?

  • マヒの足硬くなってしまって、歩く時も足がつっかえ棒のようになってしまう
  • マヒした手が使いづらくて、反対側(マヒのない)の手しか使わなくなってしまっている
  • 動けば動くほど、体が硬く固まってしまう感じがする
    (つま先が上がらなくなる、腕が曲がってきてしまう…など)
  • ふらついたりバランスが取りづらくなってきた感じがして、外出するのが怖く感じるようになってしまった
  • 装具をつけないと外出できないので、人目が気になる
  • 腰や肩にも痛みが出るようになってきて、寝るのもつらい
  • 病院のリハビリ期限があって受けられなくなってしまったけど、まだあきらめたくない

「足の重さがなくなって、歩きのふんばりもしっかりしてきました!」

脳梗塞後遺症 歩行の不安定感、足の重さ

「杖も装具もなしで歩けるようになってきて、
先が見えてきた!」

脳出血後遺症、大腿骨頚部骨折手術後

「素晴らしすぎて、今までの歩き方を忘れちゃったよ、、」

脳梗塞後遺症 歩行の変化

「いままでは足がカチカチだったんですね!」

脳出血後遺症 右大腿骨頚部骨折 歩行の変化

「半年ぶりに腕が上がりました!」

脳梗塞後遺症 腕(上肢)の動きの改善

 「忘れていた手の使い方を思い出してきました!」

脳梗塞後遺症 手、上肢の動きの改善

 

あなたはこんな間違いをしていませんか?

  • これまでのリハビリは、マヒのある方の手足を中心としたリハビリをしてきた
  • マヒの足がしっかり支えられないのは、力が弱くなってしまったり体重がしっかり乗らなくなってしまったからだ
  • マヒの手使いづらいのは、マヒの影響の他に原因はない
  • マヒのない手足や胴体には、特に問題は起こっていない
  • 頑張ると手足に力が入って硬くなるのは、そういう病気の症状だからしかたがない

プロフィール

代表:中山 正己

代表:中山 正己

◎理学療法士
◎呼吸療法認定士

千葉大学 教育学部スポーツ科学課程入学。
千葉県医療技術大学校 理学療法学科にて
国家資格「理学療法士免許」取得。

千葉市内の急性期・回復期病院、
リハビリテーション課に理学療法士として12年勤務。
在職中に「呼吸療法認定士」取得。

 

整形外科、脳外科、心臓外科・循環器科などの患者を中心に超急性期(ICU・SCU)から、退院に向けたリハビリ病棟までの幅広いリハビリテーションに関わる機会をいただき、経験と勉強を積ませていただきました。
在職中、リハビリを通じ、さまざまな問題を抱え、それぞれに目的をもった患者の方々と出会う一方(2,200人以上)、医療保険・介護保険などの制度に当てはまらない症状や、さだめられたリハビリ期限を超えた方は、「充実したリハビリを受けたい」、「もっと自分はよくなるはずだ」、と願いながらも、現実的には受けられない保険制度を痛感いたしました。
また、リハビリの効果は施設や療法士により格差があり、患者の期待した結果を得られないまま終了せざるを得ない状況も多くありました。
病院の外でも、からだの悩みをもっているが、病院に行くほどではない症状であったり、病院に行ってもリハビリは受けられないと言われたりする方も多く、「どこに行けばよいかわからない」という方と出会うことも少なくありませんでした。
何の制限もなく、どんな方でも本当に自分のやりたいことを「やりたい」と言え、それに応えられる場所を作りたいとの思いから、この『からだまる塾』を開設いたしました。

動画でご挨拶

さらに詳しいプロフィールはこちら

 

(1)一般的な脳卒中の病状と 一般的なリハビリ

脳卒中後遺症の方に多い訴え(症状)として、マヒ側の手足が思うように動かない、歩きがしっかりしなくてふらつく、見た目が不格好で気になる、腰や肩などに痛みがあり寝る時もつらい…などがあります。

 

これらは脳卒中の症状としての、運動麻痺、感覚麻痺、加えて脳の高度な調節機能・把握機能などの低下により、引き起こされていることがほとんどです。

 

ですが、この症状に対して、どうしてもマヒしている側にばかり、注目しすぎてしまう傾向にあります。

 

マヒ側は、動きとしても、感覚としても、注意(集中)することも、わかりにくくなる状態になります。

 

ですが、マヒ側が思うように動かないことはわかるので、その症状のあるマヒ側ばかりを気にしてしまいがちです。

 

これは治療者も同様です。

一般的な脳卒中の後遺症がある方へのリハビリは、マヒ側の手足への訓練、バランス練習、歩行訓練、日常生活動作の練習が主となります。

 

そのため、マヒがない側の手足・体幹の状態をしっかりとみて、つながりのある両側を使った全身的な練習を行うことは、実はおろそかになっていることが非常に多いのです。


(2)からだまる塾の 脳卒中後遺症の方の 身体の考え方

はじめに理解していただきたいのは、片(半身)マヒになった原因は、脳出血・脳梗塞などの脳へのダメージによります。

 

ですが、その症状をより強めて、より動きにくく、より感じにくく、よりわかりにくくしている原因は、他にもあります。

 

脳卒中で入院された初めの頃、脳の画像に特に変化がないのに、入院中に手足のマヒが強くなったように感じたり、動きにくさが増したように感じた方はいませんか?

 

動けば動くほど、がんばればがんばるほど、硬く力が入ったようになり、症状として強まるように感じる方はいませんか?

 

ダメージを受けた脳の機能によって、力の出し入れが調節しにくくなるという病状の根本はありますが、それをさらに強めてしまう原因が他にあります

 

それは、
無意識にマヒがない側が頑張りすぎてしまう」
ということに強く影響を受けてしまっているためです。

 

あたり前に感じる方もいらっしゃると思いますが、脳卒中後遺症の方ではこの働きが想像以上に強固な力を発揮してしまっていることが多いのです。

 

ですがこの働きは、無意識に行う防衛活動、バランス反応で、脳卒中の方だけでなく誰でも極自然に使う働きです。

 

ですので、この機能自体に問題はなく、脳卒中になったからと言って働かなくなる機能でもありません。

 

ただ、問題となるのは「意識的に調節しにくい」働きであることです。

 

そして、この働きは、腰痛、股関節痛、首・肩・腕の痛みなど、様々なからだの痛みの原因にもなってしまうことが多いのです。

 

では、「マヒがない側が頑張りすぎてしまう」ということは、具体的にどういったことなのでしょう?

 

それは、弱くなって頼りなくなったマヒ側をどうにかしようと、マヒがない側から押し込んでマヒ側を固め、マヒ側に寄りかかるように(つっかえ棒のように)使うことで、体を支えることを強化することです。

 

身体の柔軟性を捨てても、倒れないように支えられる身体にすることを優先するためです。

 

身体の位置関係を戻すと、実際はマヒでない方には見た目以上に体重移動ができない状況におちいっているのです。

 

ですので、マヒでない側は常に、マヒ側に対しての押し込む力を入れ続けることになり、マヒ側は常にその力を受け続けることを強要されています。

 

 

この働きは発症初期の、もっと張りのない筋肉で、もっとグラグラしていた時期には、とりあえず「座る」、とりあえず「立つ」といった、一時的に体を支えて止まるということを優先していた時期には助けになる働きなのです。

 

ですが、その後は筋肉の張りも少しずつ回復し、歩いたり日常生活の動作を行うようになる頃には、このとりあえず「支える」ことを優先した力は、応用力のある動きをする時には、妨げとなる力となってしまいます。


(3)からだまる塾の 調整・指導の特徴

当塾ではまず、このマヒでない側からの力の開放をうながすことで、お互い(両側)の余計な力の消耗と、効率のわるい動きの軽減を図ります。

 

マヒでない側から受けている負担が軽減するだけでも、マヒ側は自由になり、動きやすさ、感じやすさ(感覚)が増すことがよく見られます。

 

また、マヒ側に押し込まれたままでは振り向きにくかったマヒ側にも顔を向けやすくなるため、視野だけでなく、マヒ側の注意や把握能力(認知)が得られやすくなることがよくあります。

 

マヒでない側も余計に消耗していた力から開放されるため、身体の使い方のバリエーションが増えたり、バランスなどの応用力が得られやすくなります。

 

マヒでない側が片側だけでも自由に動けることができることで、マヒ側の自由度が増すので、そのうえで、マヒ側の使いやすさを引き出したり、マヒ側・マヒでない側とのやり取り・つながりを増やし、全身的な動作が可能となることを目指します

 

マヒでない側のこの過剰な(がんばりすぎる)働きは、発症初期には体が倒れないように補強するための必要な力ですが、マヒ側の筋肉の働き具合の回復によって必要性が低くなってきます。

 

当塾では、あなたの身体の段階・時期に合わせて、何を優先するべきかを細かく分析し、調整・指導するという流れになっております。

 

 

もう少し詳しく知りたい方は、
こちらもご参考に!


『からだまる塾』の他の治療院との違い

  • <身体の本質的な改善を目指し、生活の選択肢を広げます>
    脳卒中による身体への影響を本質から見直し、いま陥ってしまっている体の状態の整理することで、使いすぎになってしまっている力を整えていき、まだ使われていない働きを導き出すことで、機能や生活上での可能性を広げていきます。
  • <身体が使いにくくなっている原因を明確にした根拠のある施術>
    十分なカウンセリング(問診)や、体の使い方の特徴をしっかり分析する時間を取り、脳卒中が起こってからどういった経緯で過ごしてきたのか、脳卒中が起こると体や脳はどういった反応をしていくのかを明確にします。
    発症前の生活も含めて、これまでどういったことを経験してきたのか、何がいまの体で一番の問題になっているのかを、丁寧に調べます。
  • <日常生活の注意点とセルフケアの指導>
    脳卒中が起こってから身についた体の使い方は、問題点のポイントをつかむことで、身体に変化が現れてきます。
    当院の施術では、これまで身についた姿勢や体の使い方のパターン(クセ)から抜け出し、負担のかかりにくい楽な体の状態に導くことはできます。
    ですが、いまの体の状態にしたのは、あなたの生活習慣に身についたものです。
    あなたに身についたクセから抜け出すための生活指導やセルフケアの方法を、体の改善の段階に合わせて指導しています。
    運動の仕方、姿勢、体の使い方の注意点なども、それぞれの人に合わせて指導しています。
  • <国家資格者(理学療法士)の経験と知識>
    現在、世間には色々なリハビリ、マッサージや整体などの治療院があります。実は、その中には特に資格のないまま施術をしている施術者も少なくないのです。割安なマッサージや治療院、チェーン店が多いのもそのためです。
    当院では、理学療法士免許を有し、病院で12年以上の経験実績のある国家資格者が施術いたします。
    脳卒中だけでなく、脊髄脊椎疾患、重症骨折、心臓手術後、慢性痛の患者なども幅広く見てきた経験から、体だけでなく、脳機能や循環(血の巡り)、内臓などの状態も理解した、負担のかからない施術を行なっています。

 

からだまる塾に来院すると、こんな生活が待っています

いまは身体の使いずらさに悩まされて、本当は何がしたいかも忘れている方も多いと思います。

ですが想像してみて下さい。
その悩みが変わっていくのであれば、あなたの生活はどんなものになるでしょうか?

『からだまる塾』で施術を受けられた方達は、このような生活を手に入れています。

  • 歩く時もスムースに足が出るようになり、柔らかく使えるようになりました!
  • マヒ側の手家事や着替えなどで使うことが増え、両手で協力して使えるようになりました!
  • 動いたり頑張ったりすると体が硬くなっていたのに、動いたり歩いたりする方が体が動きやすく楽になるようになりました
  • バランスが取りやすくなって、マヒ側の脚もふんばりが利くようになりました!
  • 装具なしでも外出できるようになり、人目が気にならなくなりました!
  • 腰や肩の痛みがなくなり、夜もよく寝られるようになりました!
  • もうこれ以上、よくはならないとあきらめそうだったけど、あきらめなくてよかったです!
「杖も装具もなしで歩けるようになってきて、
先が見えてきた!」

脳出血後遺症、大腿骨頚部骨折手術後

「足の重さがなくなって、歩きのふんばりもしっかりしてきました!」

脳梗塞後遺症 歩行の不安定感、足の重さ

「いままでは足がカチカチだったんですね!」

脳出血後遺症 右大腿骨頚部骨折 歩行の変化

「半年ぶりに腕が上がりました!」

脳梗塞後遺症 腕(上肢)の動きの改善

 「忘れていた手の使い方を思い出してきました!」

脳梗塞後遺症 手、上肢の動きの改善

もしあなたが、本気で「いまの体をどうにかしたい!!」と思っているのであれば、『からだまる塾』へお越しください。

 

脳卒中後遺症に強い『からだまる塾」の施術の流れ

 

1.カウンセリング(問診)

来院されましたら、まず待合室でカウンセリングシートに、ご自分の症状やお悩みについてご記入いただきます。
(記入が難しい方は口頭にて行わせて頂いております。)
ご記入頂きましたカウンセリングシートを基に、お体の状態を整理していきます。
何気ないことが身体の改善のカギになることもありますので、小さなことでも気がついたことはお話になってください。
お聞きしたいことやご質問なども、その都度質問して頂いて構いません。
施術効果を高めるための材料になりますので、是非ご協力ください。

 

2.検査と説明

姿勢(座る、立つ)や歩き方を検査・分析して、カウンセリングの内容との因果関係を整理します。
体の使い方、体に身についたクセ(生活習慣)や、なぜそういった体の状態になっているのかの説明を行います。
検査の段階でも、体が楽に動きやすくなってしまう方が多くいらっしゃいます。

 

3.施術

検査・分析から導き出された、体のクセから抜け出していくための調整を行なっていきます。
「バキバキ」「ボキボキ」するような矯正ではなく、ほとんど痛みのない施術です。
立ったり座った姿勢の中でのバランスの取り方に変化を与えることでも、体に変化は現れます。
初めての方は、「何かされているの?」と物足りなく感じる方もいらっしゃいますが、調整後には体が楽になっていることを実感して頂けます。
はじめは、体の「ねじれ」の「固定」から抜け出すことを優先的に行なっていきます。

 

4.今後の説明と日常生活の注意点

施術後の体の確認と、日常生活の注意点をお伝えしていきます。
体が苦しい状態から抜け出し、よい状態を維持していくには、日常生活でも気をつけていくことが必要です。
体の状態に合わせたセルフケアの方法や生活指導も、段階に合わせて行なっていきます。

 

5.お支払い、次回予約

説明終了後、お支払い、次回のご予約をして頂き終了です。
施術や体の事で気になることがあればお気軽にご相談ください。
施術当日は、体に変化が起こりやすいので、いつもよりも穏やかに(6~7割程度で)過ごされることをお伝えしています。
気をつけておかえり下さい。

 

 

施術料金について

現在、予約が混みあっておりますので、新規の予約人数を限定しております。
すぐに予約をお取り出来ない場合がございますが、施術の質を保つためにも、ご理解ご協力をお願いします。

 

通常初回料金
初回料 2,800円 + 通常料金 10,000円 = 12,800円

 

当院の施術は、通常は上記料金で行なっています。
ですが、、、

 

 

当院からあなたに

特別な提案があります。

 

現在ホームページをご覧になっているあなたには、
今なら 初回料金 12,800円 ⇒ 3,000円

 

 

で施術させて頂きます。

毎月 先着10名様 限定

 

 

なぜわざわざ3,000円でやるのか?

 

それは、
1.体に負担の少ない、効果的な調整法があることを知ってほしいから。

2.当院の施術を一度受けて、あなたが納得して安心して、お付き合いしていきたいから。

3.あなたに元気で活力のある生活を手に入れてほしいから。

 

 

さらに、、、

完全返金保証

 

もし、施術して何も変化がなければ料金は一切いただきません。
あなたには、効果のない施術にお金を払うリスクはありません。

 

 

当院は、治療院業界ではめずらしい完全返金保証を取り入れています。

新しい治療院に行くのは勇気がいる…
改善できるかわからないのにお金を払いたくない…
どんなことをされるかわからないし一歩踏み出しにくい…

 

 

そんなあなたの気持ちが想像できます。

 

しかしそんな理由で、もうこれ以上あなたに同じ「悩み」で、行き場もなくさまよったり、効果のない治療にあなたの大切な時間とお金を無駄に費やしてほしくないのです。

 

 

なにより、今の体のままでいて自然によくなっていく理由はありません。
体に負担をかけ続けていくことになり、さらなる身体の不調を招く可能性が高いこともあります。

 

 

私の施術が、あなたの体に合っているのか、効果が得られるのか、これは実際に指導を受けてみないとわからないことです。

 

だから私を1度試していただきたいのです。
私も専門家としての信念を持ってやっておりますので、満足されていない方からは料金を頂きません。

あなたにかかるリスクはありません。

 

今すぐ予約の
連絡をして下さい!
!

 

当院は完全予約制のため、事前のご予約をお願いしています。
下記のお電話またはメールにてご連絡をお願いします。
※限定キャンペーンをご希望の方は、『初回限定の申し込みをしたいのですが、、』とお伝えください。
限定枠に入れるかどうかお調べ致します。予約多数の場合は翌月になってしまう場合もありますのでご了承ください。

メールのお問い合わせはこちら

お電話はこちら

受付時間:9:00〜19:30  休業日:日曜定休(そのほか不定休)

※施術中により電話に出れない場合がございます。
その際は留守番電話に切り替わりますので、お名前とご連絡先をお残しください。こちらからご連絡致します。

 

 

追伸

あなたには、3つの道があります。

1つ目は、

本当はもっとよくなりたいのに、いまの体の状態に耐えながら、何もしないで「あきらめてしまう」道。

 

2つ目

不確かな情報にふり回されて自己流の対処法をしたり、その場しのぎの「なんとなく、安くて、近い」治療院や病院に行き、効果が得られないばかりか、大切なお金と時間を無駄にしてしまう道。

 

3つ目は、

からだまる塾で、あなたの身体の問題をきちんと解決して、これからは体のことに一人で悩むことなく、あなたが思い描く、より自由で豊かな生活を手に入れる道。

 

 

どの道を選ぶかは人それぞれですが、脳卒中後遺症の本質的な問題は、時間が経てば自然と解決されるものではありません。

もしあなたが、その体の状態に苦しむ生活から本気で抜け出したいと思うなら、いますぐお電話ください!!

 

 


千葉(印西)で慢性痛・後遺症に強いリハビリ整体「からだまる塾」

〒270-1316
千葉県印西市小林大門下2-10-10

 TEL:0476-33-6031  メールでのお問い合わせ

営業時間 9:00~19:30(最終受付 18:00)
定休日  土日祝日その他不定休

外観

成田線「小林駅」、北総線「印西牧の原駅」より車で5分
「小林駅」、「印西牧の原駅」よりバス「小林中学校」5分下車、徒歩3分
「ジョイフル本田」千葉ニュータウン店 より車で5分
駐車場2台有

つらい症状でお悩みならお気軽にご相談下さい tel0476336031 Webからのお問い合わせはこちら

このような症状の方がご利用です‼

腰痛、ぎっくり腰、
肩こり、頭痛、
背中の痛み、肩甲骨の痛み、
首の痛み、肩の痛み、

膝関節痛、股関節痛、
肩関節痛、肘関節痛、
手首の痛み、足首の痛み

腱鞘炎、バネ指、

変形性関節症
(膝関節、股関節)
五十肩
人工関節(膝関節、股関節)

骨折後(手術後)の後遺症

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症
脳梗塞治療

ページのトップへ